船井デジタル道場

Digital Dojo

中小企業のデジタル経営のための情報サイト

あれ?保存できなくなってしまった…!!エラーメッセージがでたときの対処方法

公開日:2022年04月14日
にんのすけ

皆様こんにちは!にんのすけです!

船井総合研究所で、船井ファストシステムというサービスのカスタマーサクセスを行っています。kintoneユーザー皆様の「kintone発想力」を伸ばしてもらえるようなkintoneの便利機能やプラグインの設定方法・事例をこちらのサイトで発信しています!
他の記事もぜひ目を通していただけると嬉しいです^^

にんのすけ

今回はkintoneで発生するエラーについて、実際のエラーメッセージと対処方法についてご紹介します!

kintoneでアプリ設定の変更をしたとき、ルックアップフィールドやプラグインなどに干渉してしまい、保存ができなくなったりあきらかにエラーと分かるメッセージが出たり・・・という方は多いのではないでしょうか。

エラーメッセージの例

かく言う私もプラグインで利用しているフィールドだったことを忘れ、フィールド設定を変更しレコード保存ができなくなったことが何回もあります。

大体のエラーについては、エラー発生画面のコンソールを確認することで、エラー原因となっているプラグインやJavaScriptを把握することができるので該当設定を修正すれば直ることがほとんどです。

しかし、エラーが出ているのにコンソールで何も表示されない・・・一体どこに原因があるんだ?!と匙を投げたくなるエラーも稀に発生します。

エラー原因は様々ありますので、一概に「これさえ気を付ければOK!」というわけではありませんが、今回はよくお問い合わせをいただくエラーの対処方法についてご紹介します!

エラーメッセージ『入力内容が正しくありません』

にんのすけ

レコード編集をして、いざ保存!

『入力内容が正しくありません。○○フィールドの▲▲は選択肢にありません。』

実際のエラーメッセージ画面

TIS様提供の条件分岐処理プラグインの自動アプリ間更新設定』と『アプリ間レコード更新プラグインで、レコードを保存すると更新先に設定されているアプリのフィールドも自動更新されるという大変便利な機能があります。

このエラーメッセージは、そこで設定している「更新するフィールド」に設定不備がある場合に表示されます。

プラグインの設定画面

さらに細かく解説していくと、更新するフィールド同士が

  • ラジオボタン
  • チェックボックス
  • 複数選択
  • ドロップダウン

で設定されているとエラーが出ます。

原因の理由は、更新元のフィールドで設定されている項目が、更新先のフィールドには設定されていないことです。

例えば案件管理アプリを更新元アプリとすると、自社担当者フィールド(ドロップダウン)に船井太郎、総研花子、研究次郎が項目として設定されているが、更新先アプリである顧客リストアプリでは船井太郎、総研花子しか設定されておらず、研究次郎でレコード保存をしても項目がないためデータ更新(登録)ができない!ということになります。

案件管理アプリと顧客リストアプリの関連画像

ここまで分かれば対処方法は簡単です。更新先アプリに設定されていない項目を追加するだけです!上記の例の場合だと、案件管理アプリの自社担当者フィールドに「研究次郎」を追加すれば解消されます。

顧客リストアプリの「直近の自社担当者」フィールドの設定画面

また、勘の良い方はお気づきだと思います。そうです、更新元アプリのフィールドがドロップダウンでも、更新先アプリが文字列1行フィールドの場合はエラーが発生しません!

文字列1行フィールドは更新元がどんな選択肢であろうと「文字」として登録されるので、エラーが発生する可能性はありません。

文字列1行フィールドで設定した場合

要件によって同じフィールドにするか、文字列フィールドにするかは検討が必要ですが、確実にエラーが出ない点においては「文字列フィールド」は優秀なフィールドだと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ファストシステムは「成長するシステム」のため、やはり成長タイミングで不具合が出る可能性はあります。

ご契約の企業様はオンラインサポート(チャットもしくはWEBミーティング)にてご相談も受けておりますので、もし「このエラーはなんだ?!」ということがあればお気軽にご連絡くださいませ。

そしてご連絡の際には、早期解決のためエラーメッセージの画像もお送りください!